BMW5 新品フロントバンパーの下処理~サフェーサー塗装まで٩( ”ω” )و

ど~もど~も!!塗装屋の廣末です٩( ”ω” )و

今回はBMW5の新品バンパーに下処理をかけていきます。

コチラがそのバンパーで、お値段なんと168,300円です!Σ(゚Д゚)高っ!!

BMW5の新品フロントバンパー

車は白のパールホワイトなんですが、ご覧のとおり素地です。高いのに色もついてないんです。説明すると驚かれるお客様も多いのですが、外車のバンパーでは塗装前提が一般的なんです。。

ですが、このまま塗装してもすぐに剥がれてしまいますので下処理を行います。まずはサンディングして細かいキズを付けていきます。

足付け完了!色が変わりました

次にサンディング時に出た粉をキレイにして塗装スタンドに載せます。塗装スタンドも事前にフルマスキングです٩( ”ω” )و

ここからは塗装ブースでの作業

で、サフェーサーを吹き付け塗装するわけですが、その前に脱脂して専用のエアガンでバンパーに帯電しているであろう静電気(サンディングで散々こすってますから)を除去します。

これが済んだところで今度はプライマー(密着剤)を吹き付けます。塗膜を強力に定着させるためにとても重要な工程です。

プライマー(黄色味のかかった透明の液体)

ここからスプレーガンの出番です。

使用したガンは明治のF-ZEROタイプB。口径が1.6と大きいので(一般的には1.3~1.4)塗料の出がいいんです。

特にサフェーサーなどの高粘度塗料には最適です。なのでプライマーもこれを使用しました。(膜厚をつけたもちもちクリヤーの塗装にもgood!!)

プライマー吹き付け直後は艶々になります

で、艶がなくなるまで待ちます。次の工程でトラブルを避けるためにプライマーはしっかり乾燥させます。

乾燥にヒーターを使ったのでパネル温度が常温に戻るのを待ってサフェーサーを吹きます。

サフェーサー塗装

出来上がりがコチラ٩( ”ω” )و

アップで

狙った膜厚を意識しつつ可能な限り平滑な肌に仕上げます。終わったらコレもプライマーの時と同じくしっかり乾燥させます。

常温乾燥と強制乾燥では表面の硬度が全く異なります。なのでしっかり焼きます。ですが、過ぎたるは猶及ばざるが如し。急激な乾燥はサフに穴があいたりなどトラブルを引き起こします。熱の入れすぎも剥離の原因になるので温度管理は重要です。

乾燥が終わったら今度はサフェーサーのサンディングなのですが。。

今回はここまでとします(・ω・)ノ

以上、サフェーサーまでの下処理でした。

今日もお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

“BMW5 新品フロントバンパーの下処理~サフェーサー塗装まで٩( ”ω” )و” への1件の返信

  1. ピンバック: BMW5 フロントバンパーの塗装(A96/ミネラルホワイト) – 大開自動車のブログ